こんにちは。アロマレーディサロンです。

すっかりご無沙汰になりましたが、
今年が終わらない内に再開しようと思います。(笑)

でも南仏プロヴァンス記録を下書きのままということにも気づき
今年は、も?さぼってばかりです。。。。あちゃちゃ

プロヴァンスでは標高差によるラベンダー生育様子の違いや香り、
実際にこの目で見て確かめるのが目的です。

ラベンダーは石灰質の土壌を好み、標高差で植物中の含有成分も異なる。
と、
アロマセラピーを学び始めに覚えました。が

プロヴァンスにて石灰質の山肌、斜面、

石灰の小岩がゴロゴロしているラベンダー畑を見て、ここまで石灰質とは!

知識と現実が繋がった瞬間でした♪

プロヴァンスの天候は陽射しがとても強く、雨も少ないのが特徴ですし。

日本国内あちこちで見かけるラベンダー畑との様子は当然ながら随分と違いました。

さて、グラースを後にし、

車窓からすぐ目に飛び込んできたのは、

おぉ!何気ない風景にラベンダーのようです♪
北海道富良野のラベンダー風景も見たことありますが
ここは歴史が少し深く広大で、独特の風景に感じました。



行く先々にブドウ畑が広がります。



オリーブの木も続きます。



バスに揺られ2時間半。
 

こんにちは。アロマレーディです。

南仏プロヴァンスの旅記録を続けております。

香水の町グラース。香料産業が栄えた時期には数多くの香水工場、業者が
存在してましたが現在では数社だとか。

@国際香水博物館
入り口の通り・・・

門を入ると入り口の反対側の壁には香水の広告・・・・


見学コースの中には精油原料となる植物も植えてありました。
パチュリやバニラ、シトロネラ、ジンジャーなどなど

これは、パチュリ。香水保留剤として名高いですね。

グラースといえば、香水。
アロマセラピーを勉強し始めに覚えたのが、
グラースといえば・・・・アンフルラージュ抽出

観光用に見られるかな?と期待しましたが、
当時の展示物のみ。




繁栄期だったころの写真で当時を想像。






じっくり腰をすえて半日は館内を見学したかったですが。
あぁ残念!
 
当時を偲ばせる蒸留器も色々。



現代へおしゃれに変遷。


                            

自分自身のためにも、当分・・・
フランスアロマの旅記録となりそうです。
しばらくおつきあいくださいませ〜。

この島でのメインイベント?は
ヘリクリサムの蒸留を見ること。

翌日はもうひとつ、大学の研究室で、
2種類の植物蒸留見学や説明などを受けた後、

ヘリクリサム蒸留所へと向かいました。
ヘリクリサムを運び込んでいます。



私達が見学に訪れた時は、丁度蒸留を終え、ヘリクリサムを釜から取り出し
ているところでした。おーきな釜!!



蒸留が済んだヘリクリサムは飼料になるそうです。
この巨大塊は大きな滑車で移動させ、釜は空っぽ。


その後に次なるヘリクリサムを釜にずんずん入れます。



私達はお手伝いもできず、じっと作業を見守っていました。
でも2人で釜一杯!!に詰め込まれました。


この後は、ふたをしめて、蒸留の始まり。

900kgを2時間半蒸留して1kgの精油。
1エーカーで6回分行うそうで、
6kgの精油になるそうです。




こうやって、できる貴重なヘリクリサムの精油。
心して使わねば。。。。


最新の情報と共にサロンのお客様にも提供しますね。

 

1日目
成田からパリ・シャルルドゴール空港まで
エールフランスで13時間の空の旅。

そこからバスでオルリー空港へ移動しエアーコルシカで
コルシカ島へ向かいます。

アジャクシオの空港へやっと到着したのは、日付が変わる少し前。

乗り継ぎや待ち時間も併せると朝10時50分発から現地時間夜11時過ぎまでの
ながーい一日がこうして終わり、
ここからお迎えのバスでご一行様はホテルへ。

空港の自動販売機でサンドイッチみたいなスナックを
購入していた人もいましたが、
私はホテルで荷物の中から日本のおかきなどを取り出し簡単にすませることに。

疲れていて、食欲もなかったので丁度よかったかもしれません。


翌朝は疲れをいやすために、しばしゆっくりできたので、
朝の散歩を兼ね、


朝市のマルシェに出かけてみました。
旅先で市場を覗くのは楽しみのひとつです。
マルシェにはフランスパン、クッキー、野菜、フルーツ、チーズ、ハム、などなど
たーくさん。
あぁ〜。食べたい!でも朝食前、ぐっと我慢で
ブラックチェリーと桃を購入。(野菜とフルーツ屋さんは写し忘れ・・・。)

イタリアに近いこともあり、オリーブ製品が沢山!
オリーブの漬物おいしかったです♪(試食)


さて、散歩、朝食と終え、
ここからアロマとフランスのメディカルアロマツアーの始まりです。

空は真っ青! 海は透き通り紺碧の青!


市街地から海辺へ,そして山道も通りながら、バスに揺られ
着いたところは、
コルシカ島の大学研究室。

器機を見たり、島固有の植物、精油の研究など
メモを取ったり・・・忙しい。










海草から精油抽出を研究中とか。。。
(この手は大学の先生の手)
そのクリームをみんなでワイワイ塗らせてもらいました。
すべすべ〜。

この大学はソーラーシステムの基地もありました。
太陽光線が強いこの地方ではまさに大活躍でしょうね!


この後は、海辺のランチへと向かいます。とっても素敵なまるで映画ででも出てきそうなレストラン
でしたが・・・・。
肝心な建物はピンボケでしたorz






とっても素敵な時間、空間、風、波の音、
おいしいランチ・・・。
これからの期待がますます高まるのでした。。。

続く
 

本日から7月に入りましたね。

6月はIFAカンファレンス東京での参加や
その翌日から控えていた
精油産地をめぐるツアー参加準備のため、
パソコンを開く時間があまりなく、ブログ更新も
ついさぼってしまいました。

本日は疲れと時差ぼけで使い物になりません。。。。

今回のツアーは現地の大学の精油研究所、科学研究者の先生の説明や
施設案内が数箇所あり、貴重な体験をすることができました。

おおらかな植物の様子や肌で感じる風、土地土地の香り、
食事や文化など垣間見た気がします。

フランスといえば香り・・・といっても過言ではないと思いますが、
すれ違う人の香水の強さや香りがさすがはフランス。。。
往復のエールフランスのお手洗いの中にもそれらは品良く
反映されていて・・・お国柄が表れているなと感じました♪

南仏、コルシカ島やプロヴァンス地方のツアーの様子を
私目線で少しずつ亀より遅いとは思いますがUPしていきたいと思います。

また、この機会を利用してサロンベッドの張替えをすませ、
ぎりぎり本日、修理されたベッドを受け取りました。

明日から、サロン業務を再開させていただきます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

1

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Selected Entry

Archive

Mobile

qrcode

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM