4月の終わりになりGWに突入です。

例年ならば八朔の花の蕾が沢山ついてるのですが、去年、幹を低く切ったため

八朔の花が今年もつきそうになく(大泣)新芽ばかりです。

クロアゲハが卵を産み付けそうなやわらかそうで美味しそうな「葉っぱ」です。

 

サロンオープン時以来の重大出来事です!!

一昨年の3000個もの開花が夢のようです。

 

蕾まったくゼロ!

ネロリのフットバスも、できませんことをお許しください。

 

楽しみにしてくださっていたお客様には

本当に申し訳ございません。

 

また、来年1月の実も・・・お客様におすそ分けできないのは

とっても残念です。

 

まだまだ、今年は色々枯らせてしまい、

ハーブ話がトホホになりそうです。

 

近頃、マイブームは歩くこと。

 

なにか決断を迫られる時、気が重い時など、

 

歩くに限ります。リセットもでき、すっきり。

 

車や自転車で通っていた道が、新発見もあり、季節の楽しみもみつけ、

 

色々な刺激がたまらなく楽しいです。

 

短い時間でも歩くことは、体にはもちろん、心も心地よさを感じます。

雨の日にも歩いている人をみかけますが、私の場合雨天時は心地よさ感じません(笑)

 

五感のひとつを刺激するものに、もちろん香りがございます。

 

目で見て、触って、香って。

 

その香りが大好きな香りですと、最高ですね。

 

アロマセラピーは植物の天然の香りを重要視します。

 

ラベンダー畑、柑橘類の花が咲く畑など、歩きながら天然の香りが楽しめる

 

5〜6月にかけての季節が待ち遠しい限りです。

 

昨年末から、手入れを怠り、瀕死状態のMYハーブ達。

 

新芽が出るのかどうなのか、ドキドキしながら春の訪れをひたすら待っております。

 

 

今年、お正月以降、HP更新もブログも全く書けないでおりました。

 

母の永遠の旅立ちに、最後寄り添い続けておりました間、

 

申し訳ない思いで仕事のキャンセルをさせて頂き、ご予約の方には私的な事ながら

大変ご迷惑をおかけしましたが、温かいご理解をいただきまして

本当にありがとうございました。

心から感謝申し上げます。

 

母が生前好んでいた、ローズダマスク(ローズオットー)の花水で、

顔や目の周りを拭き、ホホバオイル+ローズ精油でブレンドオイルを

その都度作り、母の希望で、ほぼ毎日フェイシャルやデコルテを

トリートメントしました。余ったオイルで手や腕も。

 

濃厚ななんとも幸せな香りで、母の顔色は良く、肌はみんなに羨ましがられるほど。

香りやタッチにウトウトしながらも

ありがとう、ありがとうを繰り返していた母。

 

こちらこそ、長い間本当にありがとう。

人生の最期を、今までの人生に感謝しながら、時間を共有でき、

最後まで母に感謝しかありませんでした。

 

母の顔を触りながら、

感じたのは、母の柔らかくきれいな肌に最後まで触らせてもらえ、

ローズの香りに一番癒されていたのは、本当は私なのかもしれません。

 

覚悟をしている別れとはいえ、

やはり母を失うのは辛いものです。

延命治療より自然に召される道を選んだ母。

 

そのことについて、私自身の葛藤、悩み苦しみは

受け入れを決意したときから続きましたが、

大切な人を失う悲しみ、心のダメージをサポートすると言われる、

最高のローズオットーのおかげで自分自身が救われたような気がします。

 

あの日以来、自分自身に使う機会が増えたローズオットーですが、

この精油に触れるたび、母との時間が思い出されます。

 

スキンケアでも役立つ精油ですが、

心にも響く貴重な精油に感謝です。

 

人生の節目、感謝を表したいときにも、

ぜひ本物のローズオットーを使ってみる。

 

これもひとつの方法だと痛感しました。

 

 


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Selected Entry

Archive

Mobile

qrcode

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM