あっという間に7月に入ってしまいました。

広島の梅雨の大雨で心がざわついていましたが、まだ梅雨。

油断なりませんね。

じめじめ、シトシトと雨の気候が苦手なラベンダーですが、

ベランダーは雨を避けているので、10日くらい前から元気に咲いている

ラベンダーのオカムラサキ(という品種)です。


ラベンダー"オカムラサキ"は、北海道の富良野を代表する品種の1つ。

ずいぶん前、富田ファームさんでも見たことがあるはずですが覚えていません(;'∀')

 

さて、うちのラベンダー"ヒドコート"種の終わったあと、寂しくなりそうだったベランダを賑やかにしてくれています。

この子が今年初めてベランダで迎える7月です。
楽しみにしてたお姿♪

枝ぶりが大きく、バンドルだってつくれそうな長さですが、

私はこの粒粒したままを見るのが好きなので

ドライフラワーで眺めることに。

濃紫のヒドコートと比べると、やはり淡紫です。

でも茎が長いので広い畑に沢山あると見栄えがするでしょうね。

 

このラベンダーが終わったら、今年は最後になるラバンディンが控えてますが、

開花はもう少し先になりそうです。

ずれてやってくる3パターン開花時期。今年は、い〜い感じです。

 

ラベンダー畑で香りに癒されながら見事なものを摘み取るのは楽しいものですが、

ベランダでじっくり観察しながら摘むのもなかなか気に入っています♪

 

あと、わずかになりましたがサロンご利用の前後で摘み取りお持ち帰り頂けますので

ご希望の方はお知らせくださいね。

梅雨に入っていますが、晴れと雨が交互にきている広島。

5月は日が経つのが遅く感じたのですが、

6月に入り、

庭の樹木やハーブ達の手入れ忙しくしてると、もう17日。。。。。

 

晴れが続くと、水やりも必要になってきますね。

庭でずーっと自己主張しているのがマロウ(和名ウスベニアオイ)。

(マロウのことはこちらにも

 

ティー用とバス用に分けドライ保存しても、

毎日ずーっと花をつけてくれています。

 

ドライで色を出し、生のお花を浮かべたフットバスを

提供しています。

でも、時間がたつと、ドライ花は色が抜けて透明に。。

お湯の色も抜けます。不思議なマロウです。

 

今年、葉は少し黄色くなると小まめに摘んでいたら

 

花が次々咲きました。これがイチゴだったらいいのになー。

って、こっそり思ったほど、採っても採っても減らないキラほし

 

この子と付き合いは長いのですが、まともな生育をした今年。

いろんなことを教えてくれました。

 

あるお客さまが、ハワイに行ったみたい〜と仰いました。

ざっくり分けるとアオイ科なので、

そういえばハイビスカスになんとなく似てますよね。

 

このマロウのフットバスもそろそろ終わります。

 

生花が欲しい方はご遠慮なく仰ってくださいね。

庭に咲いていれば、差し上げます♪

 

ガラスボールに浮かべてもながめて楽しめます。

大地の贈り物に感謝ですねゆう★

 


マロウが元気で冬を越し、茎も随分立派になりました。
今年は葉も虫にやられることなく毎日次々咲く花はザルの上でドライに。


もちろん無農薬、そして我が家では過酷な無肥料(笑)
乾くとこんな色に▼

マロウとは和名でウスベニアオイのことです♪
学名「Malva sylvestris」

粘液質を豊富に含むため欧米では昔から、のどの痛みやセキ、
胃炎などにも用いられているそうですが

皮膚トラブルにシップやパックとしても。

ハーブティーはアントシアニンを含み
こんなインクのような色になります。

でも、ちょっとしたマジック?で色を楽しめ、
「恋する乙女のような,淡い恋心のようなハーブティー」へと変わります。

種明かしは・・・・今は内緒です。

しばらくは、このハーブティーもサロンでお出ししますね。

サロンのお客様にも楽しんでいただけてるようで〜す♪
 


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Selected Entry

Archive

Mobile

qrcode

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM